Img_gazou_高麗人参

高麗人参の調理の仕方一般について

 高麗人参の原産地は中国の遼東半島から朝鮮半島にかけての地域と言われています。
 中国、朝鮮、日本では古くから薬用植物として知られ利用されていました。
 別の呼び名では朝鮮人参、オタネニンジンなどがあげられます。
 現在では全体の7割以上を中国と韓国で栽培されていますが日本でも江戸時代から栽培されています。
 戦後になると日本の人参取り扱い業者が製造輸入元の韓国に配慮してそれまでの名称であった朝鮮人参を
 薬用人参と呼ぶようになりましたが薬用という名称が薬事法に抵触するという行政指導を受けて高麗人参
 と呼ぶようになりました。
 今ではこの呼び名が一般的な名称として普及し、広く使われております。
 栽培された人参よりも天然のものの方が薬効が強いとされていますが野生の人参は採取が難しく産地でも
 高値で取引されています。
 特に六年根の高麗人参は効果も高いそうです。
 主に薬効がある部位は根にあり、ジンノサイドと呼ばれるサポニン群です。
 糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効果が高いとされて古くから服用されていました。
 血圧を上げる作用があるとも下げる作用があるとも言われてきましたが今では調整作用があるとされてい
 ます。
 自律神経の乱れを整える作用もあるとされていましたが江戸時代にはとても高価で庶民には高値の花でし
 た。

 実際の高麗人参の調理方法様々なもの があります。
 人参茶、サムゲタン、蜂蜜漬け、栄養ドリンク、天ぷらなどがあげられます。
 サムゲタンの調理の仕方は綺麗に洗って脂身を取り除いた鶏を人参、ナツメ、栗、にんにくと一緒に弱火
 で長時間煮ます。
 卵の白身と黄身を分けてそれぞれ別に薄焼きにし千切りしたものとネギを薄切りにしたものを小鉢に盛り
 煮込んだ鶏とスープを合わせて食べます。
 韓国では夏バテに良く効くとされる栄養価の高い料理です。
 人参酒は人参300gに対しお酒は1800cc用意してください。
 お酒はウイスキーか癖のない焼酎が良いでしょう。
 人参を綺麗に洗ったらタコ糸のような丈夫なもので縛ったら器に入れて糸は容器の蓋に結びます。
 容器にお酒を入れたら密閉して1ヶ月はおいてください。
 朝と晩におチョコに一杯くらいを目安として飲むくらいが良いでしょう。
 お酒が苦手な人は蜂蜜漬けというものもあります。
 乾燥スライスしたものを蜂蜜に漬けます。
 乾燥スライスした人参300gに対し蜂蜜は1800cc用意してください。
 人参1kgを薄切りにしたものを天日に干して300gくらいになったら容器に蜂蜜とともに入れて暗くて涼し
 い場所で3ヶ月ほど熟成させてください。
 その後は随時服用して良いのでお茶などに入れて飲まれても美味しいです。

女性向け高麗人参サプリメントはこちら↓
http://www.causeicare.com/ranking-woman.html