Img_gazou_高麗人参

高麗人参の煎じ方を知ることです

漢方では薬を煎じて湯剤にして飲むのが昔からの飲み方になります。
粉を飲むよりも、煎じて飲むほうが好ましいのです。
一度作り方を覚えてしまったら作り置きしておきましょう。

高麗人参茶の作り方は、乾燥した高麗人参1~2個となつめ3~4個、しょうゆを少々を1リットルぐらいの水に入れて弱火で1時間くらいゆっくり煎じます。
水の量が少なすぎると、有効成分が液のほうにしっかりと溶け出さない場合があります。
高麗人参に含まれる成分について詳しくはこちらにかいてありますが、
成分の一つであるサポニンのせいで泡を吹くので溢れないように注意することです。

漢方では、薬を煎じて遊剤にして飲むのが古くからの飲み方ですので、ニンジンも粉を飲むより煎じて飲む方が好ましいです。
町の漢方薬局では、専門のガラス製の煎じ器が売っていたりするので、挑戦してみるといいです。
もちろん普通のアルミやステンレス製の鍋でも大丈夫です。
製品はいろいろありますが、漢方では材料を煎じて薬剤として飲む方法が主流となっています。

漢方といえば煎じ薬、土瓶がいいですね。
家に土瓶がなければ代わりにアルミやステンレス製の鍋でもいいでしょう。
土瓶は熱の伝わり方がおだやかで機密性がよいので揮発性が高いものでもその損失が少なくできます。
鉄や銅などは金属が溶け出して鍋を傷めるので避けた方が無難かもしれません。
鍋は蓋つきそのものが望ましいが片手鍋で蓋がない場合は、ほかの鍋を使っても構わないです。
通常健康増進のための補養剤として長期にニンジンを服用するときには乾燥したベニジン1、2個、しょうが大2分の1あるいは小1個の薬剤を1リットルくらいの加えて弱火でコトコト3分の1程度の分量になるまで約2時間かけて煎じるといいです。
水の量が少なすぎると、高麗人参の有効成分が十分に液に溶け出さない事もあります。

高麗人参の人気比較ランキングはこちらです。